2017.10.12 Thursday

清里のキノコ(2017.10.9)

連休最終日、清里自然文化センター主催の「森の特別ガイドウォーク 主の木に会いにいこう」に家族で参加しました。所要時間は1時間半。



ガイドさんと一緒でなければ入れない森の中の道なき道を、無理ないペースでウォーキング。
前日よく晴れていたので、スニーカーでも歩けました。




見渡す限りドクベニタケの楽園。

でしたが、ほかのキノコの姿もちらほら。




ハナイグチ(ジコボウ)

カラマツ林の代名詞。ファンの多い食菌。物思う横顔ふうな老個体。




クロトマヤタケ

発汗症状を伴う中毒を起こす毒キノコ。死亡例もあるようです。




ニガクリタケ

これも有名な毒キノコ。
クリタケと間違われる、とよく聞きますが、クリタケの傘が栗のような茶色なのに対し、こちらはあきらかに黄色みがかっています。生のときに噛むと超絶!苦いそう。ちょっと試してみたかったですが、今回は撮影にとどめました。




これが「主の木」

千手観音のような独特の枝ぶりです。
学者の間でも、まだなんの木なのか同定できていないそう。
ヒメバラモミと、あともう一種類、ガイドさんが候補の樹木名を挙げられましたが、メモしそびれました^^;




主のお名前はわからずとも、ガイドさんが貸してくれたレジャーシートを木陰に広げ、傍らでよい時間を過ごさせていただきました。

主の木の場所についてはSNSでの拡散禁止なので、興味のある方は特別ガイドウォークに参加してみて下さいね。


 

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
出版した本(電子書籍も有)
イボ記 (小学館文庫)
今は昔の新刊書評
サイト内検索
スポンサードリンク
Translate
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
育毛剤