2018.07.27 Friday

夏に育つもの

夏の野菜をこじんまりとつくっています。

 

 

台風が来そうなので小さい鉢は陰に避難。

 

ミニトマトは最近流行りの脇芽を摘まないソバージュ栽培用品種。

花オクラ、オカノリ、タデアイは、昨年採取した種から育てました。

 

花オクラ

姉との思い出が詰まったエディブルフラワー。

昨年はあまり種が取れなかったので、今年はたくさん取れるといいな。

画像ではわかりにくいけれど、つぼみもついてきています。

 

オカノリ

ほぼ年中種まき可能な強健野菜。

間引き菜を3回ほど採取、20センチほど育ったところで摘芯がてらに葉を採取してあります。

いずれも汁の実にお役立ち。

 

タデアイ

徳島県の高校から送ってもらった種を継いでいます。

生葉を潰して絹のハンカチを染めたり、手作り青汁に入れたり。

葉の枯れた部分が黒ずんだ藍色になるので、他のタデと見分けがつきます(画像右上参照)。

 

上の画像には写っていない庭の左側、こぼれ種から育ったアシタバには、今年2回目のお客様。

 

キアゲハの幼虫ズ

 

離れたところにもう一匹

 

三匹だけかと思いきや、まだ鳥の糞っぽい見た目の幼虫も、後でわらわら見つかりました。

近くに植えていたセリの葉っぱは、一足先につんつるてん。

 

アシタバの葉っぱも足りるか心配です(^_^;)

 

 

 

 

 

続きを読む >>
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
出版した本
イボ記 (小学館文庫)
今は昔の新刊書評
サイト内検索
スポンサードリンク
Translate
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
育毛剤