2020.07.02 Thursday

里山のニホントカゲ

こんにちは、なのめです。

 

里山活動については、活動の先輩でもある母のホームページ「虫の落とし文」で紹介されているので自分のブログでは更新をサボっていますが、今年も続けています。

 

今日は若きお仲間が増えて嬉しい日でした^ ^

 

作業はジャガイモ収穫とサツマイモつる返し、落枝拾い。

 

里山の持ち主・Kさんが見つけたニホントカゲ

 

Kさんの背に乗るトカゲ

 

畑の畝から出てきたトカゲの卵7つ

 

ピンク色がかっているのはビニール袋がピンクなため。実際はクリーム色。

大きさは1センチくらい。触感はすこしフニッとします。

 

上の画像のトカゲが産んだばかりだったのでしょうか。

 

最初は母がもらった卵たち。

実家の庭では孵ったとき猫に狩られてしまうかもしれない、ということで、うちの養子にすることに。

 

庭の地面の柔らかい湿った箇所に穴を掘って卵を置き、軽く2、3センチほど覆土しておきました。

 

Kさんによれば、転がしちゃったからもう生まれないかもしれない、とのこと。

 

確かに、爬虫類は、産みつけられたあとで卵の上下の位置が変わるとだめだという話は聞いたことがあります。

外からは見分けがつかないので、偶然に賭けるしかありません。

いくつかは本来の位置で埋められているといいです。

 

 

2020.06.25 Thursday

コガタスズメバチの巣

おはようございます、なのめです。

 

弱い雨の中、家のまわりを掃除していたら、こんなものを見つけました。

 

コガタスズメバチの巣(初期)

 

掃除前はモッコウバラの枝葉がもさもさしていたので気づきませんでした。

うしろに見えている緑のフェンスが一辺が10センチくらいですから、けっこう存在感のある巣。

 

マーブル模様がいかにもスズメバチの巣!でドキッとします。

 

コガタスズメバチに営巣されたのは初めてなので、あわてて調べました。

 

攻撃性は高くない種類のようです。

けれど、夏に向けて巣が丸く大きくなり、働きバチが生まれ出したら、人間と鉢合わせる率が高まりそう。

フェンスの向こうは人通りの多い道だし…

 

巣がとっくり型をしている今なら、女王バチ一匹で営巣している可能性が高いので、撤去するにはチャンス。

ハチには申し訳ないですが撤去を決意しました。

長袖長ズボン、長靴、防虫網つき帽子、手袋という里山スタイルで、家に常備のスズメバチ用ハチジェットを噴射。

 

噴射の勢いだけで巣の外側がペロンと剥がれました。

 

内側に巣盤がつくられています

 

しばらくして周囲にハチの姿のないのを確認してから、ぜんぶ撤去しました。

蛹室はみっつ蓋がしてありました。ごめんね。

 

スズメバチの類は、夜と雨の日は比較的おとなしいとされます。

今日は雨だったので昼間に作業しました。

 

 

 

 

2020.06.04 Thursday

ウロコアシナガグモとコモリグモの仲間

 

こんばんは、なのめです。


※この記事にはクモの画像があります。苦手な方はご注意ください。

 

 

 

 

 

とある朝、食卓に出していたリンゴに、何かがいる。

ユスリカ?と思いましたが、足の数がなんだか多い。

 

よく見ると

 

ウロコアシナガグモの若い雄でした

 

甘党だったんですね。

 

ウロコアシナガグモは屋外が生活圏。

30分くらいリンゴを楽しんだあとで、庭へ行っていただきました。

 

こちらは里山の畑で大根抜きをしていたときに遭遇した大きなクモ。

 

シンパシィを感じるおしり!

 

コモリグモ科の女子かと思われます。

大きさを比べるため、わたしの指と一緒に撮影しようと思いましたが、すばしっこくて叶わず。体長1.5センチはあったと思います。

 

里山クラブの総会では、今年は「カブトムシめっけ」など里山に小学生たちを呼ぶイベントは基本的に中止、との通達が。

カブトムシたちには朗報か。

 

里山の畑のニンジンの間引き菜、うさぎさんにあげて、と、またも頂戴いたしました。

ありがたや🐰

 

 

 

 

 

 

2020.06.02 Tuesday

うさぎのりっくん こおにたびらこもぐもぐ

 

こんにちは、なのめです。

 

久しぶりに、うさぎのりく(りっくん)動画をUPしました。

 

観て下さる皆さま、評価やご登録くださった方々、

りく君は、やっぱり食べているときのもぐもぐ顔がいい、というメールをくださった方、

ありがとうございます。

 

もぐもぐシリーズ第4弾。

こおにたびらこの花を一本食いする動画を二本立てにしました。

(りくのもぐもぐ音のほかにも謎の生活音やくしゃみの音が入りますが、そこは聞かなかったふりで……)

 

2020.05.27 Wednesday

西沢杏子詩集『なんじゃらもんじゃら👒ともだち』予約始まりました

 

6月21日に母、西沢杏子の新しい少年少女詩集が発売されます。

Amazonや楽天での予約が始まりました。

 

西沢杏子『なんじゃらもんじゃら👒ともだち』(てらいんく)

 

画像クリックでAmazonに飛びます。

優しいカラーと憂いが混在する表紙の画の人物、魅力的ですね。

 

学校が再開されても、しばらくは不規則な毎日が続きそうです。

せめて本の世界では、子どもたちが自由な世界を満喫できますように!

 

 

2020.05.21 Thursday

ブログ『てんとう虫通信』ご紹介

 

高校時代の同級生のブログをご紹介します。

千葉の房総でのくらしと、お出かけ先のことなどを、ご自分のペースで記事にされています。

手仕事をよくされる方で、わたしの詩集が出たときに彼女がつくってくれたイヤリングは宝物。

視座のはっきりした、明快な文章が好きです。

 

てんとう虫通信

 

食べられる草を探して庭を這っている、という四月の記事の一文には思わずくいついてしまった。

わたしも同じことをしてました(五月に入った今もしている)。

 

君がため春の野に出でて若菜摘むわが衣手に雪は降りつつ

 光孝天皇(小倉百人一首15、『古今集』春歌上21)

 

の歌のころから、春の野の草摘みは、ひとのよろこび!

 

メールのやりとりで、彼女はスイバ、わたしはエゾノギシギシ(※)を茹でてみて、どちらもすっぱくて食べられなかった…

という経験譚までシンクロしたのも愉快愉快。

 

記事が更新されるのを気長に楽しみにしています^^

 

 

 

※エゾノギシギシは食用不適とされています。

スイバもギシギシも見当たらなかったので、新芽を試してみたのでした。

しっかりゆがいて、水に一晩さらしてもすっぱ苦く、食用不適大納得の味わい。

でも、すごいぬめりけで、本家ギシギシがオカジュンサイと呼ばれているわけはわかりました!

 

 

2020.05.14 Thursday

うさぎのりっくん がんめんの かんもうき(シェディングシーズン)

 

こんばんは、なのめです。

 

うさぎの換毛期の顔面によくあるネタで動画をつくりました。

名探偵コナンの劇場版で必ず流れる、前説?部分のパロディ風味。

 

ご注意:BGMでアニメ音楽が流れます

 

うさぎのりっくん がんめんの かんもうき(シェディングシーズン)

 

換毛期って英語でなんというのか google で調べまくってしまいました。

お楽しみいただければ幸いです^^

2020.05.13 Wednesday

我が家のトカゲのおちびさん

こんにちは、なのめです。

 

うさぎの りくがおやつをせがむので、庭のニンジンの芽を間引きしに行ったら

 

プランターにお客さまが!

 

数日前からうちのまわりで見かけていた、トカゲのちびさんです。

 

今日も夏日。

底面灌水のプランターの土は、他の場所よりひんやりして過ごしやすいのかもしれません。

 

いつもすぐ逃げるのに今日はじっとしてます

 

ゆっくりしていってね^^

 

りくはニンジンと青ジソの間引き菜をおやつに食べました。

 

今年の夏もまた暑くなりそう。

夏バテ防止のため、人間もうさぎも大好きな、青ジソ栽培に力を入れなくては。

 

 

 

 

2020.05.06 Wednesday

うさぎのりっくん じんるいには はやすぎる

 

こんにちは、なのめです。

関東地方は朝から雨模様、涼しい一日です。

 

うさぎの りく(りっくん)が元気にダッシュする、短い動画をお送りします。

 

うさぎのりっくん じんるいには はやすぎる

 

このスピードで後追いしてくることもあるので、うさぎ部屋にいるときはほんわかしつつも気が抜けません^^

 

 

2020.05.05 Tuesday

ユキノシタでお焼き

 

こんばんは、なのめです。

緊急事態、今月いっぱいまで延びてしまいましたね。

娘の通う中学校も、それに伴って休校が延びると連絡がありました。

とんだ「こどもの日」であります。

 

遠くへお出かけできないので、身近な植物でクッキングする日々。

先日娘とつくったユキノシタのお焼きが好評だったので、ご紹介します。

 

ユキノシタは、日陰のグラウンドカバーによく使われる植物。

匍匐枝で旺盛に繁殖するので、うちでは裏庭のドクダミの勢いを抑えるのに一役買っています。

夏に咲く清楚な花も好きですが、毛深いのに実は食べられる葉っぱのほうも好き^^

民間療法では葉のしぼり汁を中耳炎の治療に使ったりしていたそうです。

 

材料(お焼き6個分)

【具】

ユキノシタの葉 20〜30枚

味噌、砂糖、お好みの油 適量

 

【生地】

小麦粉 200g

塩 ふたつまみ

お湯 100〜120ml

 

ごま油 少量

 

 

まずはユキノシタを刻んで、味噌と砂糖で油炒めに

 

火が通ると毛深さは気になりません。砂糖多めがおすすめ

 

 

生地は、ぜんぶの材料をボウルでよくこねる(お湯が熱いので最初はお箸などで)

生地がまとまったらラップで包んで15〜30分寝かせる

6個に切り分けて丸く伸ばし、具を包んで平たい丸型にする

 

 

ごま油をひいたフライパンで焼く

片面に焼き色がついたら裏返し、裏にも焼き色がついたら水をすこし入れ、蓋をして蒸し焼きに。

画像は水を入れたところです。

 

できあがり

 

かすかにほろ苦い後味が癖になりそう。中学生も、おいしいおいしいと完食でした。

苦味が苦手な方は、炒める前に一度軽くゆでるといいかもしれません。

 

ユキノシタは天ぷらがメジャーな食べ方ですが、味噌炒めのレシピをネットで見かけ、より甘くしてお焼きの具にしてみました。

ユキノシタを収穫したら試してみてくださいね。

 

急に小麦粉が手に入りにくくなってしまいましたが、生地は米粉でもつくれそう。

 

米粉は生米を洗ってしばらく水に浸け、指で潰せるくらい柔らかくしてから天日やオーブンで乾かし、ミキサーやすりこ木&すり鉢などで粉砕すると案外簡単にできます。

先日トライしたら、一合から約145gの米粉ができました^ ^

 

 

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
出版した本
関連
サイト内検索
スポンサードリンク
Translate
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
育毛剤