<< コガタスズメバチの巣 | main | ヤミイロカニグモとシラヒゲハエトリ >>
2020.07.02 Thursday

里山のニホントカゲ

こんにちは、なのめです。

 

里山活動については、活動の先輩でもある母のホームページ「虫の落とし文」で紹介されているので自分のブログでは更新をサボっていますが、今年も続けています。

 

今日は若きお仲間が増えて嬉しい日でした^ ^

 

作業はジャガイモ収穫とサツマイモつる返し、落枝拾い。

 

里山の持ち主・Kさんが見つけたニホントカゲ

 

Kさんの背に乗るトカゲ

 

畑の畝から出てきたトカゲの卵7つ

 

ピンク色がかっているのはビニール袋がピンクなため。実際はクリーム色。

大きさは1センチくらい。触感はすこしフニッとします。

 

上の画像のトカゲが産んだばかりだったのでしょうか。

 

最初は母がもらった卵たち。

実家の庭では孵ったとき猫に狩られてしまうかもしれない、ということで、うちの養子にすることに。

 

庭の地面の柔らかい湿った箇所に穴を掘って卵を置き、軽く2、3センチほど覆土しておきました。

 

Kさんによれば、転がしちゃったからもう生まれないかもしれない、とのこと。

 

確かに、爬虫類は、産みつけられたあとで卵の上下の位置が変わるとだめだという話は聞いたことがあります。

外からは見分けがつかないので、偶然に賭けるしかありません。

いくつかは本来の位置で埋められているといいです。

 

 

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
出版した本
関連
サイト内検索
スポンサードリンク
Translate
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
育毛剤