<< 山内兄人『ミモネラ』刊行 | main | うさぎのりっくん じんるいには はやすぎる >>
2020.05.05 Tuesday

ユキノシタでお焼き

 

こんばんは、なのめです。

緊急事態、今月いっぱいまで延びてしまいましたね。

娘の通う中学校も、それに伴って休校が延びると連絡がありました。

とんだ「こどもの日」であります。

 

遠くへお出かけできないので、身近な植物でクッキングする日々。

先日娘とつくったユキノシタのお焼きが好評だったので、ご紹介します。

 

ユキノシタは、日陰のグラウンドカバーによく使われる植物。

匍匐枝で旺盛に繁殖するので、うちでは裏庭のドクダミの勢いを抑えるのに一役買っています。

夏に咲く清楚な花も好きですが、毛深いのに実は食べられる葉っぱのほうも好き^^

民間療法では葉のしぼり汁を中耳炎の治療に使ったりしていたそうです。

 

材料(お焼き6個分)

【具】

ユキノシタの葉 20〜30枚

味噌、砂糖、お好みの油 適量

 

【生地】

小麦粉 200g

塩 ふたつまみ

お湯 100〜120ml

 

ごま油 少量

 

 

まずはユキノシタを刻んで、味噌と砂糖で油炒めに

 

火が通ると毛深さは気になりません。砂糖多めがおすすめ

 

 

生地は、ぜんぶの材料をボウルでよくこねる(お湯が熱いので最初はお箸などで)

生地がまとまったらラップで包んで15〜30分寝かせる

6個に切り分けて丸く伸ばし、具を包んで平たい丸型にする

 

 

ごま油をひいたフライパンで焼く

片面に焼き色がついたら裏返し、裏にも焼き色がついたら水をすこし入れ、蓋をして蒸し焼きに。

画像は水を入れたところです。

 

できあがり

 

かすかにほろ苦い後味が癖になりそう。中学生も、おいしいおいしいと完食でした。

苦味が苦手な方は、炒める前に一度軽くゆでるといいかもしれません。

 

ユキノシタは天ぷらがメジャーな食べ方ですが、味噌炒めのレシピをネットで見かけ、より甘くしてお焼きの具にしてみました。

ユキノシタを収穫したら試してみてくださいね。

 

急に小麦粉が手に入りにくくなってしまいましたが、生地は米粉でもつくれそう。

 

米粉は生米を洗ってしばらく水に浸け、指で潰せるくらい柔らかくしてから天日やオーブンで乾かし、ミキサーやすりこ木&すり鉢などで粉砕すると案外簡単にできます。

先日トライしたら、一合から約145gの米粉ができました^ ^

 

 

コメント
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
出版した本
関連
サイト内検索
スポンサードリンク
Translate
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
育毛剤