<< 第11回 角川全国短歌大賞 佳作1首 | main | カルガモご夫婦×2 とダイサギ >>
2020.03.23 Monday

りくの王国

 

ネザーランドドワーフの りくがうちに来てから、もうすぐ一年。

たまに匂い付けおしっこをやらかしますが、基本的にトイレは一か所でしてくれるので、

お座敷うさぎとして和室に君臨しています。

 

お父さんのふとんは俺のふとん

 

スヤァ…

 

お母さんのふとんも俺のふとん

 

ドヤァ…

 

最近は寝る時間になるとわたしのふとんに入って15分ほど添い寝してくれ、そのあとは

夫の枕元に移動、朝までじーっと箱座り。

夫の頭から放出される遠赤外線で暖を取っているのではないか、という説がもっぱらです。

 

うさぎダッシュ

南の庭に面した窓際席が日中の定位置。

ブラインドの隙間から日光が入りますが、わざわざよけて寝ていることが多いかも^^;

 

 

フロンティアスピリットあふれるうさぎ

 

石油ストーブ用の柵を園芸用ビニタイで横に連結し、両端を書類ケースなどで押さえた簡易な柵で

和室とリビングの間を仕切っています。

リビングにはコード類がたくさんあり、りくが齧って感電したらえらいことなので出入り禁止なのです。

フローリングの上だと、肉球のないうさぎの足の裏は滑ってしまいますし。

(上の画像でも、柵をがじがじ齧りながら、足元はツルツルツルツル滑っているのです…)

 

ケージに入るのは、掃除機をかけるときくらい。

掃除機がガーガーいっても、ケージの中でりくは澄まして、チモシーもぐもぐ。

 

家に来た当初のびくびくが嘘のよう。今では立派な小君主に成長しております。

 

 

 

コメント
コメントする








 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
出版した本
電子書籍(旧ペンネーム)
サイト内検索
スポンサードリンク
Translate
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
育毛剤