<< 国立民族学博物館に行きました(2019.8.22) | main | 大阪城など(2019.8.23) >>
2019.08.30 Friday

国立民族学博物館に行きました(2019.8.22)

 

続きです。

 

藁などの自然物でつくった日本の道祖神や巨大な「つくりもん」のコーナーは

ぜんぶ写真を撮ってまわりたいほどの多彩さ。

 

その中からわたしが勝手にセレクトした7つがこちら。

 

道祖神の仮面(長野県長野市)

 

長野県のおいしい食べ方」というサイトで芦ノ尻道祖神の「神面(しんめん)」であることを知りました。

集落の各戸のしめ縄を持ち寄ってつくるそうです。道祖神の石碑を覆って作成していく過程はこちらのサイト

画像がありました。

藁で鼻の穴まで再現する芸の細かさと、面の大きさの迫力に驚かされます。

 

やごろどん人形(鹿児島県曽於[そお]市)

 

巨人伝説と、朝廷に歯向かった隼人族の長「弥五郎」伝説が融合していて興味深いです。

宮崎県に「長男」「三男」がいて、こちらは「次男」というスタンスらしい。

 

 

さんすけ人形(青森県平川市)

 

わあ、鬼太郎がいる!と思ってしまったのはわたしだけではないはず。

12という数は山の神に縁起するもので畏れ多く、マタギが12人で山に入らなければならないときなど

13人めの身代わりとして仕立てる人形をこう呼んだようです。

鬼太郎ではなくユダであったか。

 

メンドン(鹿児島県三島村)

 

硫黄島の異形の来訪神。円形渦巻文様が主張しています。

顔の造形は、ウズガイの輪切りとキシャゴとイガイ、二枚貝といった海の恵みがモチーフでしょうか。

館内の映像資料には、女性を狙って追いかける、狙われた女性は運がいいとされる、という

とても来訪神らしい行為が記録されていました。

うしろに見えているのは鷺舞(説明書きの画像を撮っていませんがたぶん島根県津和野)。

 

牛鬼(愛媛県宇和島市)

 

妖怪の牛鬼が由来かと思いきや、朝鮮出兵で加藤清正が城攻めをした際に使った「亀甲車」がモチーフだと

宇和島市観光ガイドWEBサイトにありました。

牛の生首を刺した箱型の車の胴体部分に兵士を隠し、城に近づいたとか。

東洋版トロイの木馬ですね。

 

おこないさま(山形県鶴岡市)

 

シンプルな造形、ちいさな姿、それでもとても印象に残ります。

遠野物語で知られるオシラさまと同系の、家の神さまのようです。

 

八朔(はっさく)大造り物 仁王像(熊本県山都町)

 

見事な仁王様でした。素材はすべて野山の採集物。シュロや松ぼっくり、竹を輪切りにしたものなどを

使って巧みに造形されています。

スーザン・クーパーの『みどりの妖婆』が久しぶりに読みたくなりました。

(現実にはない場所と祭りですが、サンザシの枝でつくった「つくりもん」が登場します)

 

展示を見るごとに、現地ではじっさいどんな様子でいるのか見てみたくなります。

 

本当に時間がいくらあっても足りない!国立民族学博物館でした。

 

宿泊先は、民族学博物館から歩いて帰れるホテル阪急エキスポパーク(2020年2月で営業終了。ざんねん)。

 

翌日は大阪城となんば方面に行きました。

そちらの紹介は次の記事に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
出版した本
電子書籍(旧ペンネーム)
サイト内検索
スポンサードリンク
Translate
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
育毛剤