<< 青軸のウラシマソウ | main | 長い長い連休のあとで(※ヘビ画像注意) >>
2019.04.21 Sunday

イースター

今日は「春分の日のあとの満月から数えて最初の日曜日」=イースターでした。

元来は春の訪れを祝う祭りが、キリストの復活祭とリンクしたイースター。
今回はそれっぽい画像を集めてみました。

うさぎ(友情出演:りく)

黄色い水仙

シムネルケーキもどき

本来は丸いフルーツケーキの上にマジパン団子を11個(イエスの12人の弟子からユダを引いた数)乗せるもの。
丸型がないのでミニマフィン型で1個ずつ。
太宰の『駆け込み訴え』読んで以来、ユダをハブんちょするのになんとなく抵抗があるので、12個つくりました。
シムネルケーキもどき・うさぎバージョン

耳と口のピンクはマジパンにイチゴジャム、目の茶色はココアを混ぜたもの。
本場イギリスではケーキ生地にお酒に漬けたドライフルーツをどっさり入れるようです。
手作りマジパンは焼けばほくほく。アーモンドのいい香りがふわっと立ちのぼってたまりません。
 
分量も適当、材料もアーモンドプードルと粉砂糖以外は家にあるのを適当に使ったシムネルもどき。
予想以上に楽しくつくれて盛り上がりました
*「シムネルケーキもどき」作り方、ざっくりした覚書*
( KUOKA のミニマフィン型12個+うさぎシリコン型1個)
まずマジパンづくり。ビニール袋を使うと洗い物削減。
・アーモンドプードル200gに粉砂糖100gを混ぜる
・そこに全卵1個を混ぜてよくなじませる
・クッキー用の抜き型で抜いて薄く伸ばしたもの、
ちいさなお団子に丸めたものを必要な個数つくっておく
・マジパンが余るようなら、薄く伸ばしてケーキ生地の間に
一層入れてもいいかも
それからケーキづくり。
・ケーキの生地は手抜きでホットケーキミックス粉180g使用
・卵、牛乳、サラダ油を混ぜ、ミックス粉とアーモンドプードル20g、
干しブドウを混ぜ、型に入れていちど焼く
・ケーキの表面にアンズジャムを塗る
・薄く伸ばしたマジパンで覆い、その上にマジパン団子を乗せる
・黄色く仕上げたかったので、わたしはここで卵の黄身を塗りました
(マジパンつくるときに卵黄2個でつくればこの作業は要らないかも)
・塗った黄身が乾く程度に軽く焼く
・うさぎバージョンは白っぽくしたかったのでマジパン乗せてからは加熱せず
ご参考になりましたら。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
出版した本
電子書籍(旧ペンネーム)
サイト内検索
スポンサードリンク
Translate
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
育毛剤