<< アシタバのおかずケーキ | main | 管理人より >>
2018.06.16 Saturday

ヘアドネーション

今日は娘が近所の美容院でヘアドネーション用のカットをしました。
 

201806161-thumbnail2.jpg
胸の下くらいまであったロングヘア。切ったあとはボブスタイル

ヘアドネーションは、病気や薬の副作用で髪が抜けた子どもたちに医療用ウィッグを提供するためのボランティア。
ヘアドネーションの受付からウィッグ希望者への提供までを行う団体は、日本では大阪に2団体あります。

NPO法人 JHD&C(通称ジャーダック)

つな髪


医療用ウィッグを作るためには31cm以上の長さが必要。
その長さに達していなくても用途はあるとのこと。
詳しくはそれぞれの団体のHPをご覧下さい。

どちらの団体に送るか迷いましたが・・・
図書館でこの本を読んだご縁で、今回はジャーダックのほうに送ることにしました。


『髪がつなぐ物語』 別所芳子:著(2017年文研出版)

201806162-thumbnail2.jpg
郵送したもの
・髪の毛(バラけないよう袋に入れた)
・性別・年齢・ヘアカラーやパーマの有無などを記したヘアドナーシート
・受領証の返信用封筒(裏表住所記入&82円切手貼付。受領書希望者のみ)


ジャーダック、つな髪とも、ホームページで賛同サロン(美容院)が検索できます。
美容院によっては郵送まで請け負うところもあるようです。

うちの場合は、前に近所の美容院で普通のヘアカットしたとき、担当してくれた美容師さんがヘアドネーション用のカットをやったことがあると話していらしたので、今回もその方にお願いしました。

美容師さんにも訊かれたのですが、ドネーションを思い立ったきっかけは、やはり、昨年8月に乳癌で亡くなった姉の存在です。
姉は昨年4月まで記者として外に出て働いていました。
治療の副作用で髪は抜けていましたから、「ウィッグの存在は大きいよー」と言っていました。
大人用の人工毛ウィッグは質のいいものがたくさんあるけれど、子ども用のは現在は寄付の髪に頼ってつくられているようです。
自分自身の子どもは持たなかった姉ですが、日本の子どもたちのこれからのことをよく心配していました。
そんな姉をしのぶ意味でも、子どもたちのウィッグをつくるヘアドネーションに参加したいと娘に話したら、「わたしもやる」と。
娘の方が髪が長く、移動教室を控えてサッパリしたいということもあり、今日ドネーション決行となりました。

わたしの髪は今やっと肩下くらい。まだまだ長さが足りません。

「切り口から先端まで31cmの毛束をつくるには、実質32、3cmカットすることになります」by美容師さん

根気よく伸ばしていきたいと思います^^


 

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
出版した本
イボ記 (小学館文庫)
今は昔の新刊書評
サイト内検索
スポンサードリンク
Translate
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
育毛剤