<< 服部奈々子 版画とちいさなおはなし2 | main | 草片文庫さん リンク集 >>
2018.03.09 Friday

切手の博物館に行きました


「版画とちいさなおはなし2」展にうかがう前に寄り道した「切手の博物館」のご紹介がまだでした。


切手の博物館

目白駅改札を出てすぐ右。学習院を左に見ながら、なだらかな坂を下りたところにあります。


赤白だんだら模様のグワシ!ポストが目印


展示の撮影は禁止だったので立て看板のみ

一緒に行った面子の中に戌年と申年のコンビがいて、今回の展示の特別サービスということで、その2人は入館料が無料でした。

入館料は200円。
切手でも払えるというおもしろいシステム。わたしは使うあてのない切手を200円分持っていき、入館料にあてました。(使用済切手や、裏ののりが効かないもの、目打ちが欠けたものはNG)

1階の企画展示のほか、
2階には切手雑誌や世界最古の切手ペニー・ブラックや日本最古の切手・龍門切手の展示、
3階ではその日は古切手バザール開催中。一般人?ものぞくことができ、売り手・買い手のみなさんの玄人な雰囲気に「おお〜」となりました。

1階のスーベニアショップでは、ついお買い物。


切手をパッチワークした図案のポストカード(ボール紙額縁はビッグカメラで購入)。
左の花のは娘、右のキノコのはわたしのチョイス。
真ん中にあるのは、ミニミニなアラビックヤマト(220円)。

自分が切手の図案になったような仕上がりになるプリクラ(1回200円。背景は4種類の中からひとつ選べる)も楽しいですよ^^

子どもにはクイズに答えて古切手をもらえるサービスもありました。
古切手で貼り絵をつくる「切手はり絵」もやりたかったですが、これは第3日曜だけのイベントとのこと。

ちいさな博物館ですが1時間以上まったりして、楽しいときを過ごしました。

日本で書いた葉書がフランスのセント・ヴァレンタイン郵便局からハートのデザインされた消印で送られるプチ・レトル「愛の国際郵便」や、

5年先、10年先の未来の指定した日に葉書や手紙を届けてくれる「タイムカプセル郵便

のことも、こちらの博物館に置いてあるチラシで知りました。
切手+手紙というアナログ通信なればこその粋な企画ですね。

目白に行かれた折には、切手の博物館、おすすめです。

以下、博物館とは関係のない余談ですが

ファーゴ [Blu-ray]
ファーゴ [Blu-ray]
切手、というと思い出すのがコーエン兄弟の映画『ファーゴ』。

ラスト、事件を解決した女性警察署長に、夫の画家が「俺の絵が3セント切手に採用された」と報告する場面がありました。
狂言誘拐が殺人事件の連鎖に発展してしまうストーリー。
個性的で剣呑な登場人物ばかりの中、夫の画家は鈍重なくらいもったりしていて、無害そう。
ですが、夜中の呼び出しに急ぎ出動しようとする妻に執拗に朝食をすすめる様子や、その他の言動にも、どこか不穏な不協和音がある。彼がもし妻に出会っていなかったら、犯人のひとりである寡黙な大男のようになっていたかも、と感じました。
なので、切手、という言葉をきくたびに、わたしの頭にはいつもあの映画のストーリーが甦るのです。

木材粉砕機の音と共に(笑)

以上、余談でした^^



 

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
出版した本(kindle版)
今は昔の新刊書評
サイト内検索
スポンサードリンク
Translate
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
育毛剤