2018.08.28 Tuesday

ユウガオからかんぴょう作り


以前から、ユウガオの実からかんぴょうを作ることに憧れていました。

今夏、清里で1個250円で実が売られているのを見つけ、さっそくゲット。

かんぴょう作りは乾物作り。2日連続で晴れ予報が出ている日の朝に作業しました。


もてあますかもしれないので小さめの実をチョイス
まな板の横幅は約35センチ
同じ値段でこの倍くらい大きい実もありました



輪切りにして


青い皮はのぞき、白い実の部分をかつら剥きにしていきます


種に当たったら剥き終わり
画像は実の半分量


臨時の洗濯物干し場に干すの図

タコ糸を横に渡し、そこに剥いたユウガオをぶら下げました
台風20号の影響か、とにかく風の強い日だったので、短く切ったタコ糸で一本ずつ固定しています


娘が剥いたのは短めで吊るせないので、干物つくり用の籠で干します
娘の名誉のために一言申しますと、実が繊維質でモッフモフなユウガオはかなり剥きづらい
専用の剥き器があるのも頷けます


剥いた残りのわたは、種を取り除いてお味噌汁の具に
かすかにほろ苦く、冬瓜のようなぷるぷる食感。

ユウガオの残り半分は料理に使うつもりでしたが、わただけでも十分な量だったので
翌日の朝、残りの実もぜんぶ剥いて干しました。


2日めの朝に干した分は、乾ききらなかったので、取り込んでから扇風機にあてたりしてカリカリに。
最終的に80グラムのかんぴょうができました。

乾物になったが早いか、さっそくかんぴょう煮になってもらいます


かんぴょうを水に漬けて戻す
注意点:本当なら戻したあと1回下茹で。今回は時短を優先して省略


よく絞る

だし汁200g、しょうゆ・みりん・砂糖各大さじ4を沸騰させ、
戻したかんぴょうを入れて水気がなくなるまで煮る


かんぴょう煮ができました
色沁みがいまいちなのは、下茹で工程を省いたせいだと思われます><

巻きすがないのでキッチンペーパーを代用し、海苔巻きにも初挑戦


かんぴょう煮オンリーの太巻き

かんぴょう好きの娘とふたり、麺のようにつるつるとかんぴょう煮を啜って食べることもできて大満足。

ユウガオの実はかんぴょうを作るだけでなく、冬瓜と同じ料理法で調理することもできます。
道の駅などで見かけたら、ぜひゲットしてみて下さい^^





 

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
出版した本
イボ記 (小学館文庫)
今は昔の新刊書評
サイト内検索
スポンサードリンク
Translate
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
育毛剤