2020.08.03 Monday

うさぎの りく の誕生日

 

こんにちは、なのめです。

梅雨明けと同時に暑いですね🥵

 

りく の誕生日は今月6日。←間違い。4日でした…

家族の揃う週末に、すこし早めのお祝いをしました。

 

リンゴと、プランターで育てた三尺ニンジンがベースのヘルシーケーキ

 

ニンジンの茎がロウソク代わりです。

 

 

この直後、完食!

 

 

最近の りくは、フレンズヒルの冷感素材の敷きパッドがお気に入りです。

 

暑がりの娘に、これのコハクチャン(ペンギン)シリーズのパッドと枕

ひんやり敷きパッドL コハクチャンドット ブルー 接触冷感度0.45以上! 熱中症対策

フレンズヒル(Friendshill) ひんやり枕カバー コハクチャン ブルー 45x65 冷感 熱中症対策 高レベル接触冷感 ペットマット ペンギン IS-164-441

 

をそろえたところ、好評だったので…

 

やはり暑がりの夫が、自分用にも導入したのですが…

フレンズヒル ひんやり敷きパッドL フロワベア ブルー 200x100 冷感 熱中症対策 高レベル接触冷感 IS-166-442

 

布団を出すと、たいてい りくが占拠するので…

 

 

こんな絵面になります

 

左手の先でわずかな涼を求める夫の背中がせつない。

 

 

アルミ板の上も、けっこう好き

マルカン うさちゃんのひんやりクールアルミプレート うさぎ用 RH-583

 

 

敷きパッド導入前は、もっぱらこのブランケットの上が定位置でした

フレンズヒル(Friendshill) ひんやりブランケット コハクチャン ブルー 70x100 冷感 熱中症対策 高レベル接触冷感 ペンギン IS-164-440

 

アルミ板とブランケットは表面がツルッツルなので、裏に毛の生えたうさぎの足では踏ん張りがきかず…

たまに、食べそびれた盲腸便が、ぺちょっと付いてたりします^^;

「む、出そうだ。いったん場所を変え、足の滑らないところで食糞タイムだ」とは、ならないようです。

 

敷きパッドのほうは、りく がくつろいでいる時間が長いわりには、まだ盲腸便くっつき事故がありません。

こっちも滑るっちゃ滑るんですが。キルトっぽくなってるのがいいんだろうか。

 

りく はよく敷きものを舐めるので、冷感素材に練り込まれているという鉱石のことが気になり、問い合わせてみました。

「企業秘密なのでなんの鉱石かは言えないけれど、健康被害の恐れはない」とのことでした。

 

 

苦手な夏を乗り切って、元気に年を重ねていこうね、りっくん!

 

皆さまもどうぞ暑さにはお気をつけてお過ごしください。

 

 

 

2020.07.21 Tuesday

ツルタケ

 

こんにちは、なのめです。

 

大きなケヤキの木の下に、姿のよい、きれいなキノコが出ていました。

 

ツルタケ

 

砂利に埋もれてわかりづらいですが、根元にテングタケの仲間の特徴であるツボがありました。

柄にツバがないので、ツルタケで間違いないと思います。

 

「鶴」の名に恥じない風情

 

 

2枚めはiPhoneのカメラアイの部分をキノコの傘の下に潜り込ませて撮ったのですが、

 

 

これは女性のスカートの中をこっそり撮る人と同じ使い方ではないか🙄

 

 

と気づき、軽くショックを受けました。

 

 

 

 

2020.07.20 Monday

うさぎのりっくん うさけつようび

 

こんにちは、なのめです。

 

降れば降ったで土砂降り、晴れれば晴れたで酷暑。きつい梅雨ですね。

しかも月曜日、となると、テンションがさがる方も多いのではないでしょうか。

 

最近、動物動画をよく観るようになり、けつようび、という言葉をしりました。

憂鬱な月曜日を、かわいいペットのおしりを愛でる「けつようび」へとパラダイム転換する発想。

うさぎバージョンは「うさけつようび」だとか^^

 

わが家のうさぎ・りくのおしり画像もなぜかたくさんストックがあるので、動画にしてみました。

 

BGMが流れます。

 

「うさぎのりっくん うさけつようび」

 

最後の画像は草片文庫さんからいただいたお庭のレモンと、レモンが入っていた袋。

うさぎっぽく見えるレモンを下さったことに、家に帰ってから気がついた、鈍いわたしです。

 

生きもののお好きな草片文庫さんはブログ「針鼠の本棚」で蔵書の紹介もされています。

最新記事は小泉八雲&平井呈一!

 

 

 

 

2020.07.15 Wednesday

志々田文明先生『日本武道の武術性とは何か』

 

こんばんは、なのめです。

 

大学時代にお世話になりました合気道の師範、志々田文明先生が本を出版されたというお知らせがOBOG会より届きました。

大保木輝雄さんとの共著です。おふたかたともご専攻は「武道論」。

 

 

『日本武道の武術性とは何か サピエンスと生き抜く力』

志々田文明/大保木輝雄 共著(青弓社)

 

 

戦いに勝ち、自分を守る技術としての「武術性」への向き合い方を多角的に検証。

武道や武術の思想を、人間/サピエンスの「生き抜く力」として評価した内容です。

(データベース解説より抜粋)

 

合気道だけでなく柔術や柔道、中国や韓国の武道等も例に挙げて検証されているとのこと。

最終講義でハラリの『サピエンス全史』について語られていた先生の目の輝きを思い出しました!

 

 

現在入手可能な志々田先生のご著作です。

 

 

『富木謙治の合気道 ――基本から乱取へ――』

佐藤忠之:著 志々田文明:著(BABジャパン)

 

 

『合気道教室』(大修館書店)

志々田文明・成山哲郎 共著

 

 

 

 

2020.07.11 Saturday

うさぎのりっくん ごきげんダッシュ

 

こんにちは、なのめです。

 

うさぎの りく(りっくん)がダッシュする動画です。BGMが鳴ります。

 

うさぎのダッシュ、通称うさダッシュは、うさぎさんのごきげんサインと言われています。

敵に追われた場合のシミュレーションをしているふうにも見えます。

とても捕まえづらそうな動きですよ。

 

うさぎのりっくん ごきげんダッシュ

 

背中に段々があるのは換毛期のあるあるです^^

 

激しい梅雨や、把握されたコロナ感染者数の増大など、気の休まる暇のない年です。

皆さまどうぞお体にはお気をつけてお過ごしください。

 

 

2020.07.02 Thursday

ヤミイロカニグモとシラヒゲハエトリ

 

こんにちは、なのめです。

 

クモ2種連発です。苦手な方はご注意くださいね。

 

 

ヤミイロカニグモの女子

 

先週末に日帰りで行った山梨県清里にて。

警戒心が強い個体で、葉の表にいるところを撮ろうとすると裏に隠れ、裏から撮ろうとすると表に逃げる!

 

二回そのパターンを繰り返したので、三回めは裏に隠れたところを撮る…と見せかけ、表に出たところを狙って素早く撮影。

藪蚊に攻められながらの執念の一枚です^ ^

 

 

お次は地元、国分寺で撮ったクモ。今日の里山活動の帰り道、川べりのカラーの葉の上にいました。

 

シラヒゲハエトリの女子

 

毛深くないのでまだ幼体のようです。

 

目が合いました まー かわいい!

 

 

2020.07.02 Thursday

里山のニホントカゲ

こんにちは、なのめです。

 

里山活動については、活動の先輩でもある母のホームページ「虫の落とし文」で紹介されているので自分のブログでは更新をサボっていますが、今年も続けています。

 

今日は若きお仲間が増えて嬉しい日でした^ ^

 

作業はジャガイモ収穫とサツマイモつる返し、落枝拾い。

 

里山の持ち主・Kさんが見つけたニホントカゲ

 

Kさんの背に乗るトカゲ

 

畑の畝から出てきたトカゲの卵7つ

 

ピンク色がかっているのはビニール袋がピンクなため。実際はクリーム色。

大きさは1センチくらい。触感はすこしフニッとします。

 

上の画像のトカゲが産んだばかりだったのでしょうか。

 

最初は母がもらった卵たち。

実家の庭では孵ったとき猫に狩られてしまうかもしれない、ということで、うちの養子にすることに。

 

庭の地面の柔らかい湿った箇所に穴を掘って卵を置き、軽く2、3センチほど覆土しておきました。

 

Kさんによれば、転がしちゃったからもう生まれないかもしれない、とのこと。

 

確かに、爬虫類は、産みつけられたあとで卵の上下の位置が変わるとだめだという話は聞いたことがあります。

外からは見分けがつかないので、偶然に賭けるしかありません。

いくつかは本来の位置で埋められているといいです。

 

 

2020.06.25 Thursday

コガタスズメバチの巣

おはようございます、なのめです。

 

弱い雨の中、家のまわりを掃除していたら、こんなものを見つけました。

 

コガタスズメバチの巣(初期)

 

掃除前はモッコウバラの枝葉がもさもさしていたので気づきませんでした。

うしろに見えている緑のフェンスが一辺が10センチくらいですから、けっこう存在感のある巣。

 

マーブル模様がいかにもスズメバチの巣!でドキッとします。

 

コガタスズメバチに営巣されたのは初めてなので、あわてて調べました。

 

攻撃性は高くない種類のようです。

けれど、夏に向けて巣が丸く大きくなり、働きバチが生まれ出したら、人間と鉢合わせる率が高まりそう。

フェンスの向こうは人通りの多い道だし…

 

巣がとっくり型をしている今なら、女王バチ一匹で営巣している可能性が高いので、撤去するにはチャンス。

ハチには申し訳ないですが撤去を決意しました。

長袖長ズボン、長靴、防虫網つき帽子、手袋という里山スタイルで、家に常備のスズメバチ用ハチジェットを噴射。

 

噴射の勢いだけで巣の外側がペロンと剥がれました。

 

内側に巣盤がつくられています

 

しばらくして周囲にハチの姿のないのを確認してから、ぜんぶ撤去しました。

蛹室はみっつ蓋がしてありました。ごめんね。

 

スズメバチの類は、夜と雨の日は比較的おとなしいとされます。

今日は雨だったので昼間に作業しました。

 

 

 

 

2020.06.04 Thursday

ウロコアシナガグモとコモリグモの仲間

 

こんばんは、なのめです。


※この記事にはクモの画像があります。苦手な方はご注意ください。

 

 

 

 

 

とある朝、食卓に出していたリンゴに、何かがいる。

ユスリカ?と思いましたが、足の数がなんだか多い。

 

よく見ると

 

ウロコアシナガグモの若い雄でした

 

甘党だったんですね。

 

ウロコアシナガグモは屋外が生活圏。

30分くらいリンゴを楽しんだあとで、庭へ行っていただきました。

 

こちらは里山の畑で大根抜きをしていたときに遭遇した大きなクモ。

 

シンパシィを感じるおしり!

 

コモリグモ科の女子かと思われます。

大きさを比べるため、わたしの指と一緒に撮影しようと思いましたが、すばしっこくて叶わず。体長1.5センチはあったと思います。

 

里山クラブの総会では、今年は「カブトムシめっけ」など里山に小学生たちを呼ぶイベントは基本的に中止、との通達が。

カブトムシたちには朗報か。

 

里山の畑のニンジンの間引き菜、うさぎさんにあげて、と、またも頂戴いたしました。

ありがたや🐰

 

 

 

 

 

 

2020.06.02 Tuesday

うさぎのりっくん こおにたびらこもぐもぐ

 

こんにちは、なのめです。

 

久しぶりに、うさぎのりく(りっくん)動画をUPしました。

 

観て下さる皆さま、評価やご登録くださった方々、

りく君は、やっぱり食べているときのもぐもぐ顔がいい、というメールをくださった方、

ありがとうございます。

 

もぐもぐシリーズ第4弾。

こおにたびらこの花を一本食いする動画を二本立てにしました。

(りくのもぐもぐ音のほかにも謎の生活音やくしゃみの音が入りますが、そこは聞かなかったふりで……)

 

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
出版した本
関連
サイト内検索
スポンサードリンク
Translate
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
育毛剤